写真:アルカディア・ハコビャン

法廷での勝利

アルカディ・ハコビャンの訴訟は棄却され、犯罪歴はないと考えられている

カバルディノ・バルカリア

2019年3月1日、カバルディノ・バルカリア州最高裁判所は、プロフラドヌイのアルカダ・ハコビャンの有罪判決を覆した。議事は打ち切られた。決定はただちに有効になります。

これに先立ち、 検察官はアルカディ・ハコビアン氏に3年の執行猶予付き懲役を求刑した。プロフラドネンスキー地方裁判所は、彼に120時間の強制労働を言い渡した。その間、刑法が改正され、アルカディア・ハコビヤンは彼に帰属する条項(ロシア連邦刑法第282条第1部)に基づいて起訴されることはできない。

最初から、信者は自分の完全な無実を主張しました。

プロフラドヌイのアコピヤンの事例

ケース履歴
1980年代後半、アルカディア・ハコビャンと妻、3人の子供は、アゼルバイジャンでの民族浄化から逃れてきた。それから25年以上が経ち、平和な老人だったアルカディアは、宗教弾圧の犠牲者となった。2016年6月には、公の場での演説で他宗教の信者の尊厳を傷つけたとして刑事告訴が開始された。2017年5月、プロフラドネンスキー地方裁判所で審理が始まり、事件の根底にある目撃者の証言は虚偽であり、専門家の意見は誤りに満ちていることが判明した。検察官は信者に3年の執行猶予を求刑した。2018年12月、オレグ・ゴロバシュコ判事は、この信者に120時間の強制労働を言い渡した。2019年3月、カバルディノ・バルカリア共和国最高裁判所は有罪判決を覆した。ハコビャンはすべての容疑を晴らされた。
年表

事件の被告

ケースの概要

地域:
カバルディノ・バルカリア
解決:
プロフラドヌイ
刑事事件番号:
73
制定:
2016年6月11日
事件の現段階:
却下されたケース
ロシア連邦刑法の条項:
282 (1)
裁判例番号:
1-7/18
[i18n] Итог дела:
дело прекращено, Аркадя Акопян считается несудимым
[i18n] Расследовалось:
МРСО СУ СК РФ по Кабардино-Балкарской Республике
[i18n] Рассмотрено судом первой инстанции:
Прохладненский районный суд Кабардино-Балкарской Республики
裁判官:
Олег Анатольевич Головашко
[i18n] Суд апелляционной инстанции:
Верховный Суд Кабардино-Балкарской Республики
ケース履歴