更新: 2024年7月19日
名前: Dergacheva Galina Sergeyevna
生年月日: 1956年12月16日
刑事事件の現状: 有罪 判決
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (2)
現在の制限: レコグニザンス・アグリーメント
: 3年の懲役刑、3年間の公的な宗教団体および団体の活動への参加に関連する活動に従事する権利の剥奪、10か月の期間の自由の制限を伴う懲役刑は、3年の試用期間で執行猶予と見なされます

伝記

ケース履歴

2018年5月、マガダンでの一連の捜索の後、コンスタンチン・ペトロフ、エフゲニー・ジャブロフ、セルゲイ・イェルキンは、公判前拘禁センターに入れられた。同日、ハバロフスクでは、イワン・プイダが捜索された。彼は逮捕され、1600キロ離れたマガダンの未決拘禁施設に連行された。信者たちは2ヶ月から4ヶ月を刑務所で過ごし、その後自宅軟禁下に置かれました。2019年3月、FSBは別の一連の捜索を実施した。この事件の被告は後に13人に達し、そのうち6人は高齢者を含む女性だった。調査員は、平和的な礼拝の開催を、過激派組織の活動を組織し、それに参加し、資金を提供すると見なしました。約4年間の調査で、13人の信者に対する訴訟は66巻に膨れ上がった。2022年3月に裁判に持ち込まれた。公聴会では、この事件が秘密の目撃者、つまり平和的な礼拝の秘密記録を保持していたFSBの情報提供者の証言に基づいていることが明らかになった。2024年3月、信者には3年から7年の執行猶予が言い渡された。