更新: 2024年7月17日
名前: Zakharova Aleksandra Konstantinovna
生年月日: 1990年10月1日
刑事事件の現状: 被告
ロシア連邦刑法の条項: 282.2 (2), 282.2 (1.1)

伝記

2021年9月、平和的な信者であるアレクサンドラ・ザハロワは、ベレゾフスキーのエホバの証人に対する訴訟の被告として起訴されました。

1990年10月ノボシビルスク生まれ。彼女は多才で好奇心旺盛な少女として育ち、振り付けや水泳のクラスに通い、アートスタジオに行って聖歌隊で歌い、家族や友人のためにテーマ別の休日を企画しました。

子供の頃、アレクサンドラはなぜ人は死ぬのか不思議に思っていました。聖書から、彼女は死は人にとって不自然であり、将来は不自然ではないことを学びました。彼女はまた、世界史がこの本に記録された予言の成就を裏付けているという結論に達しました。これらすべてが、彼女にキリスト教の道を歩むように促しました。

アレクサンドラと彼女の夫は、劇場や美術館に行くこと、旅行、友人に会うことを楽しんでいます。また、読書も好きで、料理をしたり、プレゼントを贈ったり、音楽を聴いたり、動物の世話をするのが大好きです。

刑事訴追はアレクサンドラにとって大きなショックだった。今ではドアをノックするたびに、彼女は深く不安になります。信者の親戚は、立派な少女が聖書を読んだために懲役刑に直面するのは不公平だと考えています。

ケース履歴

2020年10月、スヴェルドロフスク州ロシア連邦調査委員会の調査総局は、ベレゾフスキー市のコンスタンチン・ゾトフとナタリア・コチネワに対する刑事事件を開始しました。その後まもなく、10人の信者の家で一連の捜索が行われました。2021年9月、捜査では、クリスティーナ・グルズデヴァ、ワレンチナ・クグコフ、アレクサンドラ・ザハロワ、フォーキン夫妻のスタニスラフとマリーナの5人の信者が被告として起訴された。10月には、ゾトフに対する別の刑事事件が開始された。2022年3月、コンスタンチン容疑者に対して新たな容疑がかけられ、信者はロシア連邦刑法の複数の条項に基づいて同時に迫害されている。